断捨離(3)自己重要感を高める

今朝も3時半に目が覚めました。
もにゃもにゃして、6時半に起床。雨が降っていなかったのでジョギングへ。今日は調子がいい。そう感じると素直に嬉しいです(^^)
c0187308_10110754.jpg
さて『自己重要感を高める』について
2010年頃、自分のなかで発見がありました。
 
当時は自己重要感という言葉は知らず『自信がある・ない』という感覚でみてて。時々話題にする、私が1年かけて20kgダイエットを成功させた時に『自信がある・ない』について深く考えていました。
  
当時、根拠のない自信はあったけど、体の隅々まで自信に満ち溢れていたかといえばそうではなくて。それで取り組み始めたのが『ダイエット』と『掃除』でした。
 
自分の中に何個かモヤモヤくんがいて、モヤモヤくん代表はこの3つ。
・体型(76kgありました)
・部屋の掃除
・金銭管理能力
 
部屋の掃除は2009年から3年かけて、30年分を整理しました。少しずつ目覚めて来た時期なんだなぁと今振り返るとわかる。ちなみにこの掃除は、なんと、年に1回・年末12月31日〜1月3日までしかしてなかった!
 
理由は
モノが多すぎて自室だけでは掃除できず。。。
モノにエネルギーを吸いまくられてヤル気が湧かず。。。
 
当時は実家にいたので、両親が年末年始の旅行へ行った隙に家中を利用して掃除しました!!!部屋の荷物をリビングとか別の部屋に移動させていく方法で掃除してたので、両親が旅行に出発したら掃除をスタートして帰宅するまでに綺麗にしておく。まるでマラソンランナーが最後のラストスパートを走りきるかのようにやってたよ。
 
そして2011年からは並行してダイエットも行い、私の場合はこういったこと経て自分で自分をちゃんと好きになってきました。内側から変化して結果的に2012年すごく人生が変わりました。笑いヨガはこの年の2月に出会った。結婚もした。
 
自分の内側をみつめて、気になることは少しずつでも気にならないように積み重ねて行く。その過程で自分内側からの自己重要感が回復してきて自信が満ちてくるということがよくわかった。
 
これ、かなりジミ〜な作業です。
 
変化する前に停滞期とかターンするために登る山が出てくる。
 
それで作業が中途半端になってリバウンドしたりする。
ふんがーーっっっ!!!
 
つい外側に求めたくなりますが、、、
外でいい気分になっても、頭のどこかで「あ〜〇〇できてないな〜」とか考えてたり、帰宅して停滞している部屋やモノ・コトに直面するとひゅるるるる〜...っと気分が下がっていく。
 
こんな時は外には行かず、あえて家の中にとどまります。
 
自分のために丁寧に飲み物を入れてあげて、取り組んでいる内容にあった本や雑誌とか、手軽に入手できるものを読んで自分を励ましてました。そしたらエネルギーが少し回復するのよ。回復した時にちょっとずつ進める。そのうち拍車がかかってくる。それに家の中だったらすぐに取り組めるからね。私の場合は外で回復しても帰宅して取り組む前に疲れてしまうのだ。
 
今回の断捨離時は人生がときめく片付けの魔法。2009〜2011年頃はこんどこそ!片付ける技術めっちゃ読んで励まされていました。(Amazonでみたら2009年6月7日に購入したと記録があったわ)
 
昨日はとうとう書籍・CD類が旅立ちました。
側にいてくれてありがと〜〜
らぶ〜〜
c0187308_10111168.jpg





[PR]
by star-mt | 2017-04-08 11:24 | 断捨離


<< 断捨離(4)片付けで家族の人と... 断捨離(2)ラクに生きたい >>